******,******,******(上記キーワードとは別のものでカンマ区切りで3つほど)

トマトジュースと青汁

野菜を原料とした飲料は、数多く販売されています。
例えば、色んな野菜をミキサーで混ぜて作る野菜ジュースや、スムージーなどがあります。
その数ある飲料の中でも、美肌に効果があるといわれているのがトマトジュースです。
無塩タイプや、トマト本来の成分を十分に出した商品も多く販売されています。
そこで今回は、「トマトジュースと青汁」についてご紹介します。
どちらも健康的な生活に取り入れたい飲料ですが、それぞれの良さも再確認してみるのもお薦めです。

トマトジュースが持つ栄養分とは?

トマトが持つ栄養分で有名なのはリコピンです。
このリコピンとは、抗酸化作用が強いで知られていて、トマト以外にもスイカやグレープフルーツにも含まれています。
またリコピンは、カロテノイドと呼ばれる色素の一つでもあり、別名カロチノイドとも呼ばれています。
現在では約600種類以上が、緑黄色野菜に含まれています。
リコピンが発揮する効果としては、血糖値を下げたり、心筋梗塞の原因となる動脈硬化を予防してくれたり、女性に嬉しい美肌効果、更にはダイエットにも効果が有ります。
最近では、がんの予防にも応用する研究が行われており、前立腺がんや乳がんなどにも効果があるのではと考えられています。

青汁とトマトジュースの共通点は?

一方、健康食品で有名な青汁にも様々な栄養成分が含まれています。
最も有名なのは、食物繊維が豊富に含まれていることでの便秘解消や、妊婦さんにお薦めな葉酸やカルシウムなどの体を作る栄養成分が豊富です。
また、ビタミンやミネラルも豊富なので、毎日の健康維持に欠かせません。
しかし、トマトジュースにはこれらの栄養成分は含まれていません。
トマトジュースに含まれている栄養成分は、リコピン以外にはナトリウムや糖質などがありますが、含有量は少ないです。
よって、青汁とトマトジュースの共通点はあまりありませんので、お互いを補う意味でも両方を積極的に摂ることをお薦めします。

効果的な青汁とトマトジュースの飲み方とは?

意外な組み合わせな感じがしますが、青汁とトマトジュースを混ぜて飲む方も多くいます。
実際に飲んだ方の感想は、見た目はなかなか強烈だけど、青汁の青臭さが消されて飲みやすくなって良かったとの声を聞きます。
混ぜる時の分量は「青汁2:トマトジュース8」が理想的です。