******,******,******(上記キーワードとは別のものでカンマ区切りで3つほど)

筋肉をつけたい人には、青汁がオススメ

引き締まった体を手に入れるには、脂肪を落とすだけではなく、ある程度の筋肉も必要です。
しかし、筋肉を作るには様々な題して、栄養成分が欠かせません。
そこで今回は、「筋肉をつけたい人は、青汁がオススメ」と題して、青汁が持つ栄養成分と筋肉の関係や、効率的な青汁の飲み方などをご紹介します。
これを読んで、効率的に筋肉をつけて、綺麗な体を手に入れましょう。

青汁と筋肉の関係は?

トレーニングで鍛える事が出来るのは骨格筋だけです。
しかし、筋肉はトレーニングなど外からだけではなく、内側からも強くする必要があります。
内側とは、筋肉を作るために必要な栄養成分を補給する事です。
筋肉を作るためには、良質なタンパク質が欠かせません。
タンパク質を豊富に含んでいる食品としては、納豆や牛乳、ツナなどがありますが、このタンパク質は分解される成分でもあり、分解された後は、体内にアミノ酸として入っていきます。
そのあと必要なくなったアミノ酸は、体の外へ尿素として出ていきますが、同時にカルシウムも体の外へ流れてしまいます。
カルシウムな骨を作るのに欠かせない成分として有名ですが、カルシウムが体の外へ流れると、骨だけではなく筋肉にも影響があるので、タンパク質と同じくカルシウムも筋肉には大事な栄養成分です。
ちなみに、青汁の原材料として有名な大麦若葉は、カルシウムが豊富に含まれています。
よって、青汁を飲む事でカルシウムの補給が出来るので、筋肉と青汁には、深い関係性があります。

青汁は筋トレの前と後、どっちに飲めば効率的?

では、カルシウムなどの筋肉に欠かせない栄養成分が豊富な青汁は、筋トレの前と後ろ、どちらのタイミングで飲めば効率的なのでしょうか。
筋トレを行うと、呼吸をする事で活性酸素が作られます。

この活性酸素とは、体に入ってきた酸素が酸化すると出来る成分の事で、ウィルスなどを退治してくれる成分ですが、大量になると、元気な細胞の働きを邪魔する事もあるので、適度な量が必要です。
呼吸を多く行う筋トレは、この活性酸素が多く作られますので、余分な活性酸素は除去する事が必要になります。
青汁には、余分な活性酸素を除去してくれる成分も含まれていますので、「筋トレの後」に飲む事が、効率的だといえます。