******,******,******(上記キーワードとは別のものでカンマ区切りで3つほど)

青汁の気になるカロリー

以前は、苦くて飲みにくい健康食品として知られていた「青汁」。
しかし最近では、便秘の解消や健康維持に効果が期待できるのと、苦みを抑えたタイプの青汁が登場した事で、女性を中心に人気が出てきています。
その愛用者の中には、ダイエットをしている時にも青汁を飲んでいる方も多くいます。
しかし、ダイエット中に気になるのがカロリーではないでしょうか。
そこで今回は、「青汁の気になるカロリー」と銘打って、青汁のカロリーについてご紹介します。
これを読めば、ローカロリーで、しかも不足しがちな栄養分を効率的に補給する事が出来ますよ。

青汁に含まれているカロリーは?

現在、一般に出回っている青汁は、色んなメーカーから販売をされています。
一般的な粉末タイプや、長期保存も可能な冷凍タイプ、携帯に便利なサプリメントタイプなど種類も様々です。
今回は、上記に挙げた3つのタイプのカロリーについて、それぞれご紹介します。
まず、青汁販売で大きな割合を占めている、粉末タイプについてです。
販売しているメーカーによって1包の内容量は異なりますが、「平均で10~15キロカロリー」と低い数値が出ています。
これは、他の食品と比較してもローカロリーといえるでしょう。
続いては、長期保存が可能・生の青汁に使い飲み応えで人気のある、冷凍タイプについてです。
大半の冷凍タイプの青汁は、原材料(大麦若葉やケールなど)が収穫される時期にも差がありますが、100g換算で「平均で15~35キロカロリー」との数値が出ています。
粉末タイプと比較しても驚くほどの差はありませんが、風味や味が本来の青汁に近い事を考えるとローカロリーといえます。
最後にご紹介するには、最近販売される種類も増えてきた、サプリメントタイプについてです。
このタイプも、これまでご紹介した2タイプと同じく、ローカロリーな健康食品といえます。
サプリメントタイプの1日の摂取量は、平均で2粒程度ですが、そのカロリーが約2キロカロリーと、ほぼ0に近い数値が出ています。
キロカロリーの数値だけ見ると、3タイプで最もカロリーが低いので、カロリーを気にされる方は、このサプリメントタイプがオススメです。

飲み合わせによってカロリーが高くなる?

先程は、3タイプの青汁のカロリーについてご紹介しました。
一般的に、青汁は水や牛乳など、他の飲料と混ぜて飲む事が大半です。
他の飲料と混ぜると、青汁特有の苦みが和らげられて、飲むやすくなりますが、その混ぜる飲料によってはカロリーが高くなる事もあります。
例を挙げると、牛乳が65~70キロカロリー、豆乳が50~60キロカロリー、飲むヨーグルトが約65キロカロリー、低脂肪乳が約50キロカロリー、無脂肪乳が30~50キロカロリーと、飲料によっても差がある事が分かります。
これら以外にも、カロリーオフの飲料だと、平均25キロカロリーとローカロリーになります。
※いずれも100ミリリットルで測定 水などで飲む時と比較しても、やはりカロリーは高くなりますが、混ぜた飲料が持つ栄養成分も摂る事が出来ますので、バランスよく栄養成分を摂りたいと思っている方にはお薦めです。

カロリーを抑えた食品と青汁の相性は?

牛乳や飲むヨーグルトなどは、青汁を飲みやすくしますがカロリーが気になります。
しかし、これら以外にも青汁を混ぜて飲むとローカロリーになる食品があります。
まずお薦めしたいのが、ハチミツです。
ハチミツが持つ自然本来の甘さは、苦い青汁を飲みやすくするには適しています。
しかし、量が多いとカロリーが上がるので、加減しながら青汁と混ぜて飲む事がポイントです。
その他にも、オリゴ糖を豊富に含むてんさい糖や、カロリーゼロの天然甘味料で有名なエリスリトールも、カロリーを抑えた青汁の飲み方としてお薦めです。