******,******,******(上記キーワードとは別のものでカンマ区切りで3つほど)

妊婦さんでも安心のノンカフェイン青汁

妊娠さんは、色んな食品や飲み物に注意している事でしょう。
また、それまで好んで飲んでいた飲み物の中に、コーヒーや紅茶などカフェインが含まれている物もある事でしょう。
そこで今回は、「妊婦さんでも安心のノンカフェイン青汁」と題して、妊婦さんでも楽しめて、体にも良い青汁についてご紹介します。

カフェインは赤ちゃんの成長にどんな影響がある?

妊娠が判明してから産婦人科へ診察へ行った時に、カフェインを控える様にといわれたと思います。
では、カフェインはお腹の中にいる赤ちゃんに、どの様な影響があるのでしょうか?
妊婦さんが体内に吸収したカフェインは、胎盤を通って赤ちゃんの体内(血液)へ入っていきます。
そうすると、赤ちゃんの未発達の腎臓に大きな負担が掛かってしまいます。
とある研究機関の発表によると、1日あたり約10杯のコーヒーを飲むと流産や死産のリスクが上がるとの調査結果が出ました。
現実にはコーヒーを1日に10杯飲む事は考えにくいですが、カフェインを多く摂る事が赤ちゃんの成長に影響する事は間違いありません。

また、カフェインを多く含むコーヒーには利尿作用があり、尿と一緒にカルシウムを体の外に流れてしまいます。
カルシウムは骨を作る上で欠かせない栄養分ですので、カルシウムが流れると赤ちゃんの成長にも悪影響を及ぼします。
そのため、カフェインを摂る事を控える必要があるのです。

これだけ違う!飲み物別のカフェイン含有量

量を100mlと設定した場合、以下の様なカフェイン含有量になります。

・コーヒー 60mg
・紅茶 30mg
・玉露 160mg
・ウーロン茶 20mg
・ココア 4mg
・コーラ 20mg

これを見ると玉露が最も多く、最も少ないのがココアだという事が分かります。
ちなみに、麦茶などにはノンカフェインタイプも販売されています。
では、上記でご紹介した飲み物以外では、どんな飲み物が良いのでしょうか?

カフェインを気にしなくても良いノンカフェイン青汁がオススメ!

健康食品の中でも、手軽に飲めて続けやすいと評判なのが青汁です。
体作りに欠かせない栄養素が豊富に含まれていますが、この青汁にもカフェインが含まれている商品も存在しています。
青汁を製造・販売しているメーカーによって異なりますが、平均で約6~40mg(1日分)のカフェインが含まれています。
先程ご紹介した飲み物との組み合わせにより、1日の摂取量を超えてしまう場合もあるので、飲む前に確認しておくと安心です。
もちろん、ノンカフェインタイプの青汁も多く販売されていますが、中国産の青汁の中には添加物が入っているタイプもあるので、出来るだけ「ノンカフェインで無添加の国内産の原料を使った青汁」を購入して飲む様にすると良いでしょう。